八坂神社の観光・アクセス・駐車場案内

拝観時間
アクセス
駐車場

祇園祭は八坂神社

京都市のメインストリートである四条通を東の端へ、東大路通と交わる突き当たりに八坂神社はあります。

 

その位置からわかるように八坂神社は東山の顔とも呼べる名所です。
正月三が日の参拝者数は約100万人と、京都府下では伏見稲荷大社に次ぐ人気ですね。

 

観光地として人気があるだけでなく、全国2300社の素戔嗚尊(すさのおのみこと)信仰総本社。
意外に知られていませんが、京都三大祭りの中でも一番有名な祇園祭も八坂神社のお祭りですね。

日本最重量級のお神輿

八坂神社中央の舞殿には7月になると3つの巨大な神輿が鎮座します。
祇園祭は7月中の一ヶ月間続くとてもとても長いお祭り。
有名な山鉾巡行はその一部にしか過ぎません。

 

その山鉾巡行はもともと神輿の通る道を清める役割がありました。
実は今でも山鉾巡行のあった日の夕方に神輿を担いで練り歩く、これが祇園祭のクライマックスです。

 

神輿はそれぞれ三条、四条、錦小路商店街の町衆が1000人以上で担ぎます。

とくに錦の西御座神輿は八角形という特殊な形で重さなんと3.2トン
重量で日本全国の神輿で2位、実際に担ぐ神輿では最も重い神輿なんですよ。

町衆に支えられた町衆の神社

八坂神社の本殿では平日でも、通行ついでにちょっと拝んでいく人影が絶えません。
祇園祭ほど長期が人手も必要なお祭りを維持し続けているだけあって、町の人々からの信仰が厚い民間の神社なんですね。

 

それほどの勢いがある八坂神社ですが、意外に狭いと思った方はいませんか?
本殿・舞殿の周囲に摂社・末社が点在しているだけで、その四方はすぐに出入り口。

 

もともと八坂神社東の円山公園は八坂神社の境内でした
ところが明治になって神社仏閣の領主権がなくなると、土地の一部を上知上げするところが多くなりました。
とくに力の強かった八坂神社は徹底的に狙われ、境内の多くを失うことになったそうです。

 

ちなみに町衆信仰の強かった八坂神社が、全国的に信仰を伸ばした原因はあの織田信長だと知っていましたか?

信長が比叡山を焼き討ちにしたことは有名ですよね。

 

祇園信仰系の津島神社は織田家代々の氏神で八坂神社の神紋と織田家家紋は同じ木瓜紋
織田家と繋がりある祇園信仰に鞍替えすることで難を逃れようとしたわけです。

 

お寺と神社は違うのでは?と思ったあなたもいるでしょう。
明治になって神仏分離令が出されるまで、お寺と神社、仏教と神道はあいまいでした。
八坂神社ももともとは祇園神社といったくらいです。
祇園は釈迦が入滅した祇園精舎が由来ですから、完全な仏教用語だったんですね。

毎月イベント盛りだくさん

1400年以上続く神社だけあって、八坂神社では毎月なにかしら大小のイベントがあります。

 

町に根付いた神社だけあって祇園の舞妓さん、芸妓さんが参加することも多く海外人気もどんどん高くなっていますね。

 

もし東山観光で悩んだら、とりあえず八坂神社から清水寺まで南へ流していく順路が見所多く飽きないおすすめコースです。

拝観時間

24時間、拝観無料。
八坂神社は四方全てが外に通じる特異な神社で、24時間開放されています。
夜間でも照明が点けられ警備員さんがいるんですよ。

アクセス


大きな地図で見る
京都市東山区祇園町北側625番地

 

京都駅

京都駅では市バスD1のりば(100系統)、D2のりば(206系統)
「祇園」下車、目の前

 

京都駅から東福寺経由で京阪電車へ乗り換えまたは地下鉄阪急電車で「河原町」駅もよく使われるルートですね。

京阪電車

「祇園四条」駅から東へ徒歩5分、八坂神社境内を東へ抜けましょう。

 

市バス利用は駅東の四条通北側から31、46、201、203、207系統で「祇園」下車

阪急電車

「河原町」駅から東へ徒歩10分弱

 

駅の西、四条通北側から市バス31、46、201、203、207系統で「祇園」下車も可能です。

地下鉄・京阪京津線

駅の西、東山三条交差点を南へ下がった東側にバス停。
市バス31、100、201、202、203、206系統が「祇園」に停まりますよ。

 

徒歩でも10分程度です。
バスと同じ道を歩いた方が早いですが、駅を逆の東に向かい三条神宮道から南へ進む方が好まれていますね。
青蓮院門跡知恩院を観光しながら円山公園を抜けて八坂神社への東山観光鉄板コースです。

 ※画像はクリックで拡大します

駐車場

八坂神社の駐車場入口は南側の路地を入ったところにあります。
手前に有料駐車場がありますが間違わないように!

 

駐車場は昼間しか使えないので円山公園の駐車場も好んで使われていますよ。
円山公園地下駐車場入口は神社北側です。

常磐新殿駐車場(八坂神社駐車場)

収容台数 自家用車4台
駐車料金 1時間毎に600円、祈祷・常磐新殿喫茶室利用者は1時間無料
営業時間 10:00-17:00

円山公園地下駐車場

収容台数 普通車134台
駐車料金 30分毎に250円
営業時間 24時間

桜の季節は円山公園側も満車になる傾向があります。
その場合は付近の駐車場を探さなければなりません。
京都府の県外から来られるあなたはこちらも参考になりますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサードリンク

関連ページ

清水寺の観光・アクセス・駐車場案内
建仁寺の観光・アクセス・駐車場案内
建仁寺・正伝永源院の観光・アクセス・駐車場案内
建仁寺・両足院の観光・アクセス・駐車場案内
高台寺の観光・アクセス・駐車場案内
高台寺・圓徳院の観光・アクセス・駐車場案内
三十三間堂・蓮華王院の観光・アクセス・駐車場案内
青蓮院門跡の観光・アクセス・駐車場案内
知恩院の観光・アクセス・駐車場案内
円山公園の観光・アクセス・駐車場案内
安井金比羅宮の観光・アクセス・駐車場案内
安楽寺の観光・アクセス・駐車場案内
永観堂の観光・アクセス・駐車場案内
銀閣寺の観光・アクセス・駐車場案内
金戒光明寺の観光・アクセス・駐車場案内
哲学の道の観光・アクセス・駐車場案内
南禅寺の観光・アクセス・駐車場案内
南禅寺・天授庵の観光・アクセス・駐車場案内
南禅寺・南禅院の観光・アクセス・駐車場案内
法然院の観光・アクセス・駐車場案内
無鄰菴の観光・アクセス・駐車場案内
祇王寺の観光・アクセス・駐車場案内
直指庵の観光・アクセス・駐車場案内
常寂光寺の観光・アクセス・駐車場案内
清凉寺の観光・アクセス・駐車場案内
大覚寺の観光・アクセス・駐車場案内
天龍寺の観光・アクセス・駐車場案内
天龍寺・宝厳院の観光・アクセス・駐車場案内
天龍寺・弘源寺の観光・アクセス・駐車場案内
渡月橋の観光・アクセス・駐車場案内
二尊院の観光・アクセス・駐車場案内
野宮神社の観光・アクセス・駐車場案内
高山寺の観光・アクセス・駐車場案内
落柿舎の観光・アクセス・駐車場案内