南禅寺・天授庵の観光・アクセス・駐車場案内

拝観時間
アクセス
駐車場

天授庵は南禅寺の開山塔、大雑把に言えば創設記念のお寺ですね。

 

現在の天授庵は文化人として名高い戦国武将の細川幽斎によって再建されたものでこの方丈前庭も同時代のものです。

 

細川幽斎は一時期は長岡性を名乗り長岡京市の勝竜寺を領地としていたことがあり、息子の忠興は小倉藩主、孫の忠利は熊本藩主で細川護煕元首相はその子孫という縁があります。

途中に板をずらして繋げてある奇妙な橋が出てきますね。

 

この形式は八つ橋というのですが京都銘菓の八ツ橋はこれが由来、という説もあります。

 

たしかにこの板を並べると昔ながらの生八ツ橋の形になりますね。

あまりにも沢山の紅葉が散り積もっているので見てすぐには気づかないかもしれませんが右側は池の水面なんですね。

 

天授庵の書院南庭は天授庵がつくられた当時の趣を残している、紅葉と杉に囲まれた野趣でありながらどこか雅な庭園です。

 

あるくうちにどんどん姿を変えて見ている私たちを飽きさせない造りが、天授庵が人気ある理由の一つでしょう。

もう紅葉が終わりかけの時期に来たのですが、それだけに一面に広がる散り紅葉のこの瞬間しか見られない特殊な光景ですね。

 

もちろん旬の時期を逃さず見たいものですが、移り変わっていく姿を捉えるのもまた趣があって良いんじゃないかと思います。

 

次は逆に青々とした時期に来ようかな?ギャップを楽しむのも一興ですね。

拝観時間

11月15日〜2月28日 08:40-16:30(受付終了16:10)
3月1日〜11月14日 08:40-17:00(受付終了16:40)

 

拝観料 一般400円、高校生300円、小中学生200円
 ※修学旅行生は半額

 

11月11日午後〜12日午前は拝観休止

ライトアップ・夜間特別拝観

天授庵のライトアップは昼夜入替制で拝観コースがまったく違うのが特徴ですね。。

 

昼は屋内立ち入り禁止で庭園を散策、夜は屋内から庭園を拝観となります。
夜間に歩くには足元が危ない構造だからでしょう。

 

2014年ライトアップ
11月15日〜30日 17:30-21:00

 

拝観料 一般500円、高校生400円、小中学生300円

アクセス

南禅寺を参考にしてください。

スポンサードリンク

関連ページ

清水寺の観光・アクセス・駐車場案内
建仁寺の観光・アクセス・駐車場案内
建仁寺・正伝永源院の観光・アクセス・駐車場案内
建仁寺・両足院の観光・アクセス・駐車場案内
高台寺の観光・アクセス・駐車場案内
高台寺・圓徳院の観光・アクセス・駐車場案内
三十三間堂・蓮華王院の観光・アクセス・駐車場案内
青蓮院門跡の観光・アクセス・駐車場案内
知恩院の観光・アクセス・駐車場案内
円山公園の観光・アクセス・駐車場案内
八坂神社の観光・アクセス・駐車場案内
安井金比羅宮の観光・アクセス・駐車場案内
安楽寺の観光・アクセス・駐車場案内
永観堂の観光・アクセス・駐車場案内
銀閣寺の観光・アクセス・駐車場案内
金戒光明寺の観光・アクセス・駐車場案内
哲学の道の観光・アクセス・駐車場案内
南禅寺の観光・アクセス・駐車場案内
南禅寺・南禅院の観光・アクセス・駐車場案内
法然院の観光・アクセス・駐車場案内
無鄰菴の観光・アクセス・駐車場案内
祇王寺の観光・アクセス・駐車場案内
直指庵の観光・アクセス・駐車場案内
常寂光寺の観光・アクセス・駐車場案内
清凉寺の観光・アクセス・駐車場案内
大覚寺の観光・アクセス・駐車場案内
天龍寺の観光・アクセス・駐車場案内
天龍寺・宝厳院の観光・アクセス・駐車場案内
天龍寺・弘源寺の観光・アクセス・駐車場案内
渡月橋の観光・アクセス・駐車場案内
二尊院の観光・アクセス・駐車場案内
野宮神社の観光・アクセス・駐車場案内
高山寺の観光・アクセス・駐車場案内
落柿舎の観光・アクセス・駐車場案内