二尊院の観光・アクセス・駐車場案内

開場時間
アクセス
駐車場

嵐山には紅葉の名所が多いですが、
なかでも二尊院の「紅葉の馬場」は別格の一つですね。

 

総門をくぐると直線で
200mもの紅葉回廊があるのは
京都でもここだけです。

 

当然、みんな写真なり動画なり撮るのですが
ちょっと前に進むとまた撮影、
ちょっと前に進むとまた撮影です。

 

山の上の方から見頃になっていくので
先に進むほど紅葉景色が良くなるんですね。

 

入り口からの馬場の長さがわかるのと
進んだ先のを比べてこちらをアップしてみました。

二尊院の紅葉の馬場を進んで階段を上がりきり、
左方向へ進んでみたところですね。

 

映像ではちょっとわかりにくいかもしれませんが
焚かれたお香の煙がここまで漂っています。

 

二尊院はセレブのお墓が多いところなんですが
香道の創始者である三条西家の菩提寺でもあるんですね。

 

煙が朝靄のようにみえて幻想的でした。

二尊院の梵鐘は「しあわせの鐘」と名付けられ
自由に突いて良いことになっています。

 

やはり鐘の鳴る音には独特の感情が生まれますね。

 

本堂周辺は松の木が目立ちますが
やはり紅葉の彩りが秋を感じさせます。

 

二尊院は小倉山にあるお寺といっても、
ここまでならそれほど登り下りしなくて良いので
ここらを中心に見て回るのも良いですね。

二尊院の勅使門から紅葉の馬場方向を撮ったものです。
二つ上の動画の逆からですね。

 

勅使門といえば締め切られているか
皇族専用の門として使われていることが多いですが
二尊院の勅使門は普通に通れます。

 

格式では摂関家の菩提寺であるこのお寺もかなり高いのですが
二尊院はどこか気安いイメージがありますね。
うーん、何故でしょう。

二尊院の本堂脇、急な石階段を上がっていくと
広い広い墓地が見えてきます。

 

二条家、鷹司家、三条家、四条家・・・
いわゆる藤原摂関家のお墓ですね。

 

前にも書いた香道の三条西家や
高瀬川で有名な角倉家の家もあり
二尊院がセレブ御用達なイメージを持つ由縁ですね。

 

もちろん現代のセレブにも密かな人気があるので
墓碑銘を見て見たら知っている名前があるかもですね。

 

映像は三帝陵へ続く門のある場所で、
その名前の通り三人の天皇が分骨されているそうです。

二尊院には御園亭と呼ばれる茶室があり
これはそこからしか見られない庭の光景ですね。

 

鹿威しの音が実に雰囲気でてます。
御園亭は秋に期間限定で特別公開されますが
珍しく室内でも撮影OKなんですよ。

 

もともとは後水尾天皇の五女であった
賀子内親王殿下の化粧の間で、
移築して茶室にしそうです。

 

天袋の絵は狩野永徳筆といわれるもの。
お菓子付きでお茶代500円出せば誰でも入れるので
二尊院行ったらお茶しないと勿体ないですね。

 

おすすめです。

拝観時間

9:00-16:30

 

拝観料 大人500円、小学生以下無料

アクセス


大きな地図で見る
京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27

 

京都駅

京都駅では市バスD3のりば
28系統「嵯峨小学校前」下車、徒歩15分
ですが手前の「野々宮」で降りて「竹林の小径」を歩きながら野宮神社常寂光寺などと一緒に参拝するコースが人気ですね。

 

嵐山に向かう道が混雑する秋は京都駅からJR嵯峨野山陰線へ乗り換えがベター。
「嵯峨嵐山」駅も徒歩15分ですが、そこから嵯峨野観光鉄道トロッコ列車への乗り換えやレンタサイクルという選択肢もあります。
「竹林の小径」は人通りも多く道幅が狭いので、ここを経由していくなら徒歩でしょう。

京阪電車

「三条」駅から地下鉄東西線、または「四条」駅から阪急電車へ乗り換えましょう。

 

乗り換え後は下記を参考にしてください。

阪急電車

「桂」駅から嵐山線へ乗り換え「嵐山」駅へ。

 

「嵐山」駅からは徒歩35分かレンタサイクルがおすすめです。
駅からバスを利用するなら市バス28系統あるいは京都バス64、94系統「嵯峨小学校前」下車、徒歩15分
「竹林の小径」を歩くプランは上のJRも参考にしてください。

地下鉄・京阪京津線

烏丸線は「京都」駅でJR嵯峨野山陰線へ乗り換え、または「烏丸」駅で阪急電車へ乗り換えです。
乗り換え後は上記を参照してください。

 

東西線、京阪京津線は太秦天神川駅で京福電鉄へ乗り換えましょう。
乗り換え後はそのまま下記をご覧下さい。

京福電鉄

「嵐山」駅から徒歩25分かレンタサイクル。
京福電鉄はホームに「駅の足湯」があり、ここでレンタサイクルを借りると足湯券付きです。
紅葉のシーズンなんかはとくにおすすめですよ。

 

駅からバスという手段もありますがすぐ近くなので微妙な距離ですね。
市バス28系統あるいは京都バス64、94系統「嵯峨野小学校前」下車、徒歩15分です。

嵯峨野観光鉄道

「嵐山」駅から徒歩15分弱

 ※画像はクリックで拡大します

駐車場

二尊院には嵐山でも貴重な無料駐車場があります。
それだけに常に確保できるとは限らないので天龍寺の駐車場も候補に入れておきましょう。
または駐車場検索を利用する手もありますね。

二尊院駐車場

収容台数 自家用車15台
駐車料金 無料
参拝時間 9:00-16:30

天龍寺駐車場

収容台数 自家用車100台
駐車料金 乗用車1回1,000円、バス1時間1,000円(以降30分ごとに500円)、タクシー2時間500円
営業時間 8:30-17:30(10月21日〜3月20日は17:00まで)

秋の嵐山は周辺地域だけでなく、ICから嵐山へのルートも渋滞しがちです。
他府県の方におすすめなのがパークアンドライドです。

 

嵐山ではレンタサイクルが充実しているので駅からの移動方法には困りません。
「駅の足湯」利用券が付いてくる京福電鉄のレンタサイクルがとくにお得感がありますね。

 ※画像はクリックで拡大します

スポンサードリンク

関連ページ

清水寺の観光・アクセス・駐車場案内
建仁寺の観光・アクセス・駐車場案内
建仁寺・正伝永源院の観光・アクセス・駐車場案内
建仁寺・両足院の観光・アクセス・駐車場案内
高台寺の観光・アクセス・駐車場案内
高台寺・圓徳院の観光・アクセス・駐車場案内
三十三間堂・蓮華王院の観光・アクセス・駐車場案内
青蓮院門跡の観光・アクセス・駐車場案内
知恩院の観光・アクセス・駐車場案内
円山公園の観光・アクセス・駐車場案内
八坂神社の観光・アクセス・駐車場案内
安井金比羅宮の観光・アクセス・駐車場案内
安楽寺の観光・アクセス・駐車場案内
永観堂の観光・アクセス・駐車場案内
銀閣寺の観光・アクセス・駐車場案内
金戒光明寺の観光・アクセス・駐車場案内
哲学の道の観光・アクセス・駐車場案内
南禅寺の観光・アクセス・駐車場案内
南禅寺・天授庵の観光・アクセス・駐車場案内
南禅寺・南禅院の観光・アクセス・駐車場案内
法然院の観光・アクセス・駐車場案内
無鄰菴の観光・アクセス・駐車場案内
祇王寺の観光・アクセス・駐車場案内
直指庵の観光・アクセス・駐車場案内
常寂光寺の観光・アクセス・駐車場案内
清凉寺の観光・アクセス・駐車場案内
大覚寺の観光・アクセス・駐車場案内
天龍寺の観光・アクセス・駐車場案内
天龍寺・宝厳院の観光・アクセス・駐車場案内
天龍寺・弘源寺の観光・アクセス・駐車場案内
渡月橋の観光・アクセス・駐車場案内
野宮神社の観光・アクセス・駐車場案内
高山寺の観光・アクセス・駐車場案内
落柿舎の観光・アクセス・駐車場案内