常寂光寺の観光・アクセス・駐車場案内

開場時間
アクセス
駐車場

小倉あん発祥の地で、小倉百人一首でも知られる
小倉山の山中に常寂光寺はあります。

 

山門をくぐればすぐに紅葉のトンネルが広がり
この仁王門までもあふれんばかりの紅葉景色ですね。

 

ここからは山を登りながら拝観するコースになるので
少し気合いを入れていかなければなりません。

正面の石段を登り本堂から見渡した眺めです。

 

常寂光寺は腰を下ろして休める場所が多く、
この本堂でも気軽に一休みすることが出来ます。

 

まだまだ上はありますので
ひとまず腰を落ち着かせて
紅葉に魅入るのも良いでしょうね。

常寂光寺の本堂近くにまわりが開けた場所があり、
嵯峨展望台と名付けられ嵯峨嵐山を一望できます。

 

法輪寺のように舞台が作られているわけではなく
参道の一部を封鎖して足を止めて
眼下を見渡せるスペースになっています。

 

山中につくられるお寺はやはり見晴らしが良く、
険しい石階段を登ってきた苦労が
これでいっぺんに報われますね。

本堂横手の燃えるような紅葉ですね。

 

常寂光寺は境内中に紅葉があるので
撮影してきた映像が多く、
どれを紹介したらよいか悩んだのですが
これは一番最初に決まりました。

 

庭園を遠くから眺めるだけの名所も多いですが、
こういった山にあるタイプのお寺では
間近で紅葉が見られるのも良いところです。

本堂からさらに上へ上がっていく参道を
少し撮影しながら登ってみました。

 

紅葉の面白いところは
近づくにつれ色合いがどんどん変わっていくところですね。

 

近寄ると思ったよりずっと素晴らしく、
思わず足を止めて撮影、
という方も多いのではありませんか?

紅葉の森に浮かぶ多宝塔がアクセントになっていて
ここもまた人気の撮影スポットですね。

 

天気も良くほどほどに風も吹いていて
散策にも撮影にも具合の良い
本当に恵まれた日でした。

 

紅葉狩りはタイミングで
見られる景色が全然違うので
いつがベストか難しいです。

日頃の常寂光寺は苔で有名なのですが
帰りに通った道では苔に覆われた山肌が見え
紅葉と混ざり合った景色が見られました。

 

名所と呼ばれる場所は、
帰りにもまた違った姿を見せるので
最後まで印象に残りますね。

 

嵐山でもやや駅から離れたところにある
この常寂光寺ですが、
足を延ばす価値は十二分にありますので
おすすめですよ。

拝観時間

09:00-17:00(受付終了16:30)

 

拝観料 大人400円、小学生200円

アクセス


大きな地図で見る
京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3

 

京都駅

京都駅では市バスD3のりば
28系統「嵯峨小学校前」下車、徒歩15分が一般的。
ですがあまり距離も変わらないので、手前の「野々宮」で降りて「竹林の小径」を歩きながら向かうのを強くおすすめします。

 

渋滞が起こりがちな秋は京都駅からJR嵯峨野山陰線へ乗り換えがベター。
「嵯峨嵐山」駅も徒歩15分ですが、そこから嵯峨野観光鉄道トロッコ列車への乗り換えやレンタサイクルの利用も人気ですよ。

京阪電車

「三条」駅から地下鉄東西線、または「四条」駅から阪急電車へ乗り換えましょう。

 

乗り換え後は下記を参考にしてください。

阪急電車

「桂」駅から嵐山線へ乗り換え「嵐山」駅へ。

 

「嵐山」駅からは徒歩35分かレンタサイクルがおすすめです。
駅からバスを利用するなら市バス28系統あるいは京都バス64、94系統「嵯峨小学校前」下車、徒歩15分
手前の「野々宮(京都市バス)」「野の宮(京都バス)」で下車して「竹林の小径」を歩くプランも良いですね。

地下鉄・京阪京津線

烏丸線は「京都」駅でJR嵯峨野山陰線へ乗り換え、または「烏丸」駅で阪急電車へ乗り換えです。
乗り換え後は上記を参照してください。

 

東西線、京阪京津線は太秦天神川駅で京福電鉄へ乗り換えましょう。
乗り換え後はそのまま下記をご覧下さい。

京福電鉄

「嵐山」駅から徒歩25分かレンタサイクル。
京福電鉄のレンタサイクルには「駅の足湯」無料券が付いてくるので秋にはとくに人気ですね。

 

駅からバスという手段もありますが二駅の短距離なので上記がおすすめですね。
市バス28系統あるいは京都バス64、94系統「嵯峨野小学校前」下車、徒歩15分です。

嵯峨野観光鉄道

「嵐山」駅から徒歩10分弱

 ※画像はクリックで拡大します

駐車場

常寂光寺には駐車場がありません。
隣接する二尊院も同時参拝することで駐車場を借りるか、近所の天龍寺有料駐車場を利用しましょう。

二尊院駐車場

収容台数 自家用車15台
駐車料金 無料
参拝時間 9:00-16:30

天龍寺駐車場

収容台数 自家用車100台
駐車料金 乗用車1回1,000円、バス1時間1,000円(以降30分ごとに500円)、タクシー2時間500円
営業時間 8:30-17:30(10月21日〜3月20日は17:00まで)

秋の嵐山は駐車場確保が難しく、ICから嵐山へのルートも渋滞しがちです。
パークアンドライドを利用してみては如何でしょうか。
とくに県外から来られる方にはおすすめですよ。

 

嵐山ではレンタサイクルが充実しているので駅からの移動方法には困りません。
「駅の足湯」利用券が付いてくる京福電鉄のレンタサイクルがとくにお得感がありますね。

スポンサードリンク

関連ページ

清水寺の観光・アクセス・駐車場案内
建仁寺の観光・アクセス・駐車場案内
建仁寺・正伝永源院の観光・アクセス・駐車場案内
建仁寺・両足院の観光・アクセス・駐車場案内
高台寺の観光・アクセス・駐車場案内
高台寺・圓徳院の観光・アクセス・駐車場案内
三十三間堂・蓮華王院の観光・アクセス・駐車場案内
青蓮院門跡の観光・アクセス・駐車場案内
知恩院の観光・アクセス・駐車場案内
円山公園の観光・アクセス・駐車場案内
八坂神社の観光・アクセス・駐車場案内
安井金比羅宮の観光・アクセス・駐車場案内
安楽寺の観光・アクセス・駐車場案内
永観堂の観光・アクセス・駐車場案内
銀閣寺の観光・アクセス・駐車場案内
金戒光明寺の観光・アクセス・駐車場案内
哲学の道の観光・アクセス・駐車場案内
南禅寺の観光・アクセス・駐車場案内
南禅寺・天授庵の観光・アクセス・駐車場案内
南禅寺・南禅院の観光・アクセス・駐車場案内
法然院の観光・アクセス・駐車場案内
無鄰菴の観光・アクセス・駐車場案内
祇王寺の観光・アクセス・駐車場案内
直指庵の観光・アクセス・駐車場案内
清凉寺の観光・アクセス・駐車場案内
大覚寺の観光・アクセス・駐車場案内
天龍寺の観光・アクセス・駐車場案内
天龍寺・宝厳院の観光・アクセス・駐車場案内
天龍寺・弘源寺の観光・アクセス・駐車場案内
渡月橋の観光・アクセス・駐車場案内
二尊院の観光・アクセス・駐車場案内
野宮神社の観光・アクセス・駐車場案内
高山寺の観光・アクセス・駐車場案内
落柿舎の観光・アクセス・駐車場案内