安楽寺の観光・アクセス・駐車場案内

拝観時間
アクセス
駐車場

隠れ道の隠れ名所

永観堂(えいかんどう)と銀閣寺をつなぐ哲学の道は有名な散策道ですが、その一筋東の山側に入ったところに寺院が建ち並ぶ「隠れ道」があります。

 

この隠れ道のなかほど、風景に埋もれる感じでひっそりと建つお寺こそがカボチャ供養で知られる安楽寺(あんらくじ)。

 

隠れ道と呼ばれるだけあって、基本非公開のお寺ばかりですが安楽寺は春と秋に限って特別公開が行われます。
春は桜・つつじ・さつき、そして秋の紅葉名所として、この時期ばかりは入口で撮影する人影が絶えません。

 

ここがどんな場所かも知らずに、ついつい足を止めて撮影してしまった方も多いのではないでしょうか?

安楽寺がカボチャ供養で知られるようになったのは江戸時代のこと。

当時の住職さんが、「中風よけにカボチャを食べると良い」との啓示をお釈迦様からいただいたそうです。

 

以来、7月25日にはカボチャ供養の日として鹿ヶ谷が振る舞われます。

 

また毎月25日には京野菜の朝市が開かれる慣例がありますよ。

松虫・鈴虫寺

カボチャ供養というかわいらしい行事で知られる住蓮山安楽寺、その名の元になった住蓮上人・安楽上人のお墓が裏手にひっそりと立っています。

 

このお二人は法然上人のお弟子さんで、その説法を御所から抜け出した松虫(まつむし)姫・鈴虫(すずむし)姫をきいてその場で出家しました。
ところが松虫・鈴虫は後鳥羽上皇のお気に入り女御だったんですね。

 

上皇は後に朝廷に力を取り戻すべく承久の乱で鎌倉幕府と戦ったほどです。
法然上人や高弟たちは流罪、住蓮・安楽上人は死罪となりました。
後に戻られた法然上人が修行場に立てたのがこの安楽寺。

 

別名「鈴虫・松虫寺」です。

 

ところで、この事件では何かと悪く言われることが多い後鳥羽上皇ですが、先の平家滅亡の折りに三種の神器が失われていた時期でした。

 

天皇の証しである神器なき状態での即位であったため、上皇はその即位の正当性を揶揄されることが多かったとか。
それ故に常に力を示しておかなければならなかった苦しい立場であったといいます。

 

歴史の「もしも・・・」を考えてしまうエピソードですね。

修行場の面影が残る

もともと念仏道場の草庵だったためか、いくつか面白い特徴があります。

 

たとえば境内のオブジェで、この佛足石なんかは仏像が広まっている日本ではあまり見られないものですね。

 

また本堂では30分ごとに住職さんがお話をしてくれます。
決して難しい説法というわけでもなく、先のお寺の由来や仏像の解説といったものを軽く10分程度。
10時と15時にはさらに寺宝の掛け軸を公開して絵解き(解説)も行われます。

 

正座ではなく椅子に座れるので哲学の道散策の休憩を兼ねて耳を傾けるのも良いですね。
本格的に休むなら客殿で京野菜ジュースをいただくのもおすすめです。

雰囲気の良さは折り紙付き

庭先に見える「」の文字は、実は共同墓地。

人と人との縁を大事にする安楽寺らしいですね。

 

こういったお寺や住職さんの雰囲気が好きでリピーターになる方も多いそうです。

 

公開時期は限られていますが、一度は訪れたい哲学の道の隠れ名所ですよ。

拝観時間

09:30-17:00(受付終了16:30)

 

拝観料 500円、中学生以下無料

2014年公開時期

3月30日〜4月7日、14日〜15日 春の特別公開・桜の時期
4月27日〜29日、5月1日〜6日 春の特別公開・つつじの時期
5月24日〜25日、31日〜6月1日 春の特別公開・さつきの時期
7月25日 鹿ヶ谷カボチャ供養
11月2日〜3日、9日〜10日、16日〜12月8日 秋の特別公開

 

毎月25日は門前にて京野菜朝市も開かれます。

アクセス


大きな地図で見る
京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21番地

 

哲学の道周辺は基本的に各交通機関から離れています。
一般的には永観堂側か銀閣寺側から哲学の道を散策しながら逆側から帰るのが一般的ですね。
その場合は永観堂・銀閣寺のアクセスを参照してください。

 

また安楽寺は初めてだと入口を見過ごしやすく、とくに南からは電柱と壁に隠れているのでよく場所をお確かめください。

 

京都駅

京都駅では市バスA1のりば(5系統)かA2のりば(17系統)
5系統「真如堂前」、17系統「錦林車庫前」下車どちらも徒歩10分
途中、哲学の道を横断し東山に向かってのぼっていく形になります。

 

最寄りの駅は地下鉄東西線「蹴上」駅で、哲学の道に南側から入るためによく使われますよ。

京阪電車

最寄りの駅は「神宮丸太町」ですが、急行が止まらないこともあって一つ南の「三条」駅下車が好まれます。

 

「三条」駅からは駅東の三条通北側バス停から5系統で「真如堂前」下車、徒歩10分
 ※画像はクリックで拡大します

阪急電車

「河原町」駅の北、河原町通西側のバス停から市バス32系統で「上宮ノ前町」下車、徒歩10分
あるいは駅の西、四条通一番北側のバス停から市バス203系統で「真如堂前」下車、徒歩10分

 

京阪電車の欄にある画像でバス停の確認ができます。

地下鉄・京阪京津線

哲学の道を南から入る場合は東西線「蹴上」駅、北からは烏丸線「今出川」駅でバスに乗り換え銀閣寺ですね。
詳しくは永観堂・銀閣寺をご覧下さい。

 

「蹴上」からさらにバスで近づくことも出来ますが、最寄りのバス亭がかなり遠くほとんど意味がありません。
「東山」駅か「三条京阪」駅から5系統で「真如堂前」下車、徒歩10分が良いでしょう。
京阪電車の欄にある画像でバス停の確認ができます。

 ※画像はクリックで拡大します

駐車場

安楽寺には駐車場がありません!
基本的に銀閣寺か南禅寺周辺に駐車し、哲学の道を歩くのが一般的です。

 

安楽寺周辺で駐車場を探すならこちらを参考にしてください。
一番近い場所でも哲学の道の反対側、白川通沿いになるでしょう。
郊外や京都府県外からこられるあなたはここで駐車場を探す方法もありますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサードリンク

関連ページ

清水寺の観光・アクセス・駐車場案内
建仁寺の観光・アクセス・駐車場案内
建仁寺・正伝永源院の観光・アクセス・駐車場案内
建仁寺・両足院の観光・アクセス・駐車場案内
高台寺の観光・アクセス・駐車場案内
高台寺・圓徳院の観光・アクセス・駐車場案内
三十三間堂・蓮華王院の観光・アクセス・駐車場案内
青蓮院門跡の観光・アクセス・駐車場案内
知恩院の観光・アクセス・駐車場案内
円山公園の観光・アクセス・駐車場案内
八坂神社の観光・アクセス・駐車場案内
安井金比羅宮の観光・アクセス・駐車場案内
永観堂の観光・アクセス・駐車場案内
銀閣寺の観光・アクセス・駐車場案内
金戒光明寺の観光・アクセス・駐車場案内
哲学の道の観光・アクセス・駐車場案内
南禅寺の観光・アクセス・駐車場案内
南禅寺・天授庵の観光・アクセス・駐車場案内
南禅寺・南禅院の観光・アクセス・駐車場案内
法然院の観光・アクセス・駐車場案内
無鄰菴の観光・アクセス・駐車場案内
祇王寺の観光・アクセス・駐車場案内
直指庵の観光・アクセス・駐車場案内
常寂光寺の観光・アクセス・駐車場案内
清凉寺の観光・アクセス・駐車場案内
大覚寺の観光・アクセス・駐車場案内
天龍寺の観光・アクセス・駐車場案内
天龍寺・宝厳院の観光・アクセス・駐車場案内
天龍寺・弘源寺の観光・アクセス・駐車場案内
渡月橋の観光・アクセス・駐車場案内
二尊院の観光・アクセス・駐車場案内
野宮神社の観光・アクセス・駐車場案内
高山寺の観光・アクセス・駐車場案内
落柿舎の観光・アクセス・駐車場案内